WordPressに導入しておきたいプラグイン一覧

WordPressのプラグインもさまざまなものがありますが、とりあえずあらゆるタイプの利用者でもきっと必要になるだろうと思われるプラグインを一覧にしてみました。有名どころばかりですが、もし設置していないのなら是非!

Breadcrumb NavXT

パンくずリストを簡単に設置することが出来るプラグインです。WordPressのテンプレートによっては最初から組み込まれているもの多くありますが、そうでない場合は是非設置しておきたいです。Breadcrumb NavXTのダウンロード

Contact Form 7

WordPressにお問い合わせフォームを設置したのなら、間違いなくCntact Form 7です。お問い合わせフォーム以外にも簡単なアンケートもできるし、text,radio,select,checkbox,textarea,などフォームに必要な要素はほとんど自由にカスタマイズして設置することがかのうです。Contact Form 7のダウンロード

Custom Post Type UI

投稿タイプを独自にカスタマイズすることが出来るプラグインです。Custom Post Type UIのダウンロード

Exec-PHP

ウィジェット内にPHPコードを入力できるプラグインです。サイドバーにちょっとだけ簡単な変数を使いたいときに重宝します。Exec-PHPのダウンロード

Google XML Sitemaps

これは絶対に導入した方がいいです。というか導入しなさい!的なプラグインです。Googleなどの検索エンジンにインデックスされや枢すいようにサイト内のページをサイトマップ化してくれます。Google XML Sitemapsのダウンロード

HeadSpace2

これも便利なプラグイン。各投稿に、個別にタイトルや、descriptionなどを設定できます。上級の利用法だと、投稿ごとに専用のスタイルシートやJavascriptを読み込むことが簡単にできます。HeadSpace2のダウンロード

jQuery lazy load plugin

画像を多様されている方にありがたいプラグインです。下にスクロールして表示されるまでは、画像を読み込みません。表示位置までスクロールされると「ふわっ」と画像が浮かび上がります。一度に画像を読み込まないので、表示パフォーマンスがあがります。jQuery lazy load pluginのダウンロード

Shutter Reloaded

Lightbox系のポップアップでコンテンツを表示できるプラグインです。とってもすっきりしていて、余計な枠などもなく、表示方法をいろいろ設定できます。ブラウザ領域をいっぱいに使って画像全体を表示することも、原寸大の画像を表示することも簡単にできます。Shutter Reloadedのダウンロード

SyntaxHighlighter Evolved

開発系のブログをやってる方はとりあえず入っていますよね?ソースコードを表示する際に他のテキストに紛れないように、PHP,HTML,CSSなどのコードを色分けして行数もつけて、コピーしやすいように別ウインドウで表示できたりと万能です。SyntaxHighlighter Evolvedのダウンロード

WordTwit

投稿した記事のタイトルとURLをTwitterに自動でつぶやいてくれるプラグインです。WordTwitのダウンロード

WP To Top

ページの最上部にもどってくれるリンク?わかるかな、「ページの先頭に戻る↑」みたいなヤツを自動でつけてくれます。WP To Topのダウンロード

WPtouch

iPhoneやAndroidなどのスマートフォン用の表示に対応してくれるプラグインです。設定なしでも十分なレイアウトデザインで、CSSが出来る方ならどんな感じにでもデザインできます。サムネイル表示もすぐにできるし、大きい画像もちょうどよい大きさに表示してくれます。これはとりあえずいれてみるといいでしょう!WPtouchのダウンロード

Yet Another Related Posts Plugin

投稿記事と近い内容の記事を特定の場所に表示するプラグインです。閲覧者がサイト内を巡回する確立がグンと高まるので入れたほうがいいでしょう!Yet Another Related Posts Pluginのダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください