Bluetooth ワイヤレスイヤホン「HBQ-Q32TWS」をAndroidで使ってみた。

WEBとは関係ないけど、先日AmazonでBluetooth ワイヤレスイヤホン「HBQ-Q32TWS」を買いました。

安くてちゃんと聴けるものであれば、なんでも良かったのですが、Amazonのレビュー数や、その内容だけではありますがHBQ-Q32TWSを買いました。
「HBQ-Q32TWS」のAmazonページ

実際の使ってみると、ボタンを押す回数や長さで、ペアリングモードなどを切り替えるので、最初は慣れるまでてこずりました。私はAndroidのせいか、ペアリングしても最初は下記のような現象で不安定でした。

  • 音が極端に小さい
  • 駅のホーム、大きな交差点で、大胆に音が飛ぶ
  • 通勤時は無事ペアリングもうまくいってたはずなのに、帰宅時はペアリングしない。。

3000円ちょっとで買えるものなので、そこまで期待はしてませんでした。※アキバのヨドバシとかで売ってるのは何万もするものばかりだったので。。。

ほんとは、「使えないもの買ってしまったな、、、」で、どこかへしまうのですが、小さいのでバックに入れっぱなしにしてずっと持ち歩いているうちに、カフェとかでたまに思い出したように取り出して使っていると、そんなに以前のような不具合が起こらない。

いつも音飛びしていた駅のホームへ向かって階段を上り進んでいっても音が飛ばない。。



なぜかはわかりませんが、使ってるうちに安定してきたように思います。Bluetoothにそういう性質はあるとは思いませんが、この機種を買って、同じような現象がおられましたら、気長に使ってみるともしかしたら。。。

あと、音は悪くありません。普段はオーディオテクニカや、SONYのイヤホンやヘッドフォンを使ってますが、ハイもローもちゃんと出ています。

イヤホンの場合は耳の形にちゃんとマッチしないと、ハイもローも外へ抜けていったり、奥に詰めすぎると、音の通り道がふさがってこもってしまったりするので、いろいろポジションを調整してみる必要もあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください