xrea、coreserverサーバーにWordPressをインストールする(セーフモード対策)

xrea(エクスリア)とはデジロック社が運営する広告付き無料、または広告なし1年払い2400円(200円/month)で利用できる高機能レンタルサーバです。coreserver (コアサーバー)という、同社の上位サービスもあります。

xrea・coreserver 料金・機能比較表
XREA XREA+
(有料版)
CORE-
MINI
CORE-
A
CORE-
B
初期費用 なし なし 500円 1000円 2000円
年額 なし 2400円(200円/月) 2500円
(208円/月)
5000円
(417円/月)
9900円
(825円/月)
ディスク容量 50MB 3GB 6GB 15GB 60GB
転送量目安/月 30GB 90GB 100GB 150GB 300GB
許容負荷率
(xrea+を100%とした場合)
不明 100% 125% 250% 1000%
MySQL/
PostgreSQL
各1個 各5個 各10個 無制限 無制限
マルチドメイン 10個 20個 50個 無制限 無制限
最大アカウント数
(同居ユーザー数)
不明 不明 300以下 128以下 64以下

セーフモード対策

xreaではセキュリティ上の観点から、モジュール版PHPのセーフモードの設定がONになっています。セーフモードとは主にPHPのアクセス権限に関する設定で、詳しい説明はここではしませんが、これによってテンプレートの書き換え・テンプレートの自動インストール・画像のアップロード・WordPress本体の自動アップグレード・プラグインの自動インストール・自動アップグレード・プラグイン本体などが上手く動作しない事があります。

1.モジュール版PHPではなく、CGI版PHPを使用する

CGI版PHPならばユーザー権限で実行されるのでセーフモードによる制限がかかりません。

方法としてはWordPressをインストールしたディレクトリに.htaccessというファイルを作成して、

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

という1行を記述してください。

ただしCGI版PHPはモジュール版PHPに比べて動作が遅く、負荷もかかりますが、問題ない範囲です。

2,WordPress2.8からCGI版PHPで動かすと一部のブラウザでダッシュボードのレイアウトが崩れる場合がある対処

これを回避するにはインストール時に編集したwp-config.php ファイルの適当な位置に

define( 'CONCATENATE_SCRIPTS', false );

という一行を追加してください。

これでCGI版PHPでも2.8以降のWordPressが使用できます。

2011年6月16日 追記

coreserverのコントロール・パネルからツールを選ぶと、
[ファイル所有者の修正]というボタンがあり、
※ モジュール版PHPから作成されたファイルの所有者は「apache」になります。これらのファイルの所有者を「******」に、パーミッションを「707」に変更します。
※ データベースのダンプファイルなどの所有者は「root」になります。これらのファイルの所有者を「******」に変更します。******は私のユーザー名です。
現在は、これで解決できるようです。

 

2 Responses

  1. otome より:

    ありがとうございます!参考にします!

  2. otome より:

    やっぱりインストール時点でエラーが出るのですが、どこが問題なのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください